ブログ

テスト用の投稿のタイトル - Test Blog

| コメント(0)

テスト投稿記事の本文

 2012年9月10日に八戸経済新聞主催の『「ニーチェ白取春彦×聖幸@俺100」 トークライブin八戸』に参加します。ドキドキです。

 今月発売されたばかりの『超訳 ニーチェの言葉II』にまつわるお話しなどをお伺いできればと思っています。
 ダンディーで博識な白取さんは、僕のあこがれの人ですが、ともにヘビースモーカーでバーボン好きという共通点もあります。当日のイベントでもグラスをかたむけながらお話できるとうれしいですね。

当日は、白取春彦さんのサイン会や『超訳 ニーチェの言葉II』の会場で販売も予定しています。白取さんファン必見のイベントですね!

 以下イベントの概要です。
------------------
『八戸経済新聞文化センター 白取春彦×聖幸トークライブ「きみに限界はない。理想さえも超えて行け!」』


期日:9月10日(月)19時から21時まで
場所:八戸ポータルミュージアムはっち シアター1
   八戸市三日町10−1 
会費:1,000円(当日受付にてお支払いください)
定員50名
主催:八戸経済新聞
共催:金入聖幸堂
後援:ディスカヴァー・トウェンティワン

申込み方法 下記サイトより申込み
■こくちーず 9月10日 『超訳ニーチェの言葉II』発売記念 白取春彦×聖幸トークライブ(青森県)
■Facebook 09/10 八戸経済新聞文化センター 「ニーチェ白取春彦×聖幸@俺100 トークライブ」

【イベントスケジュール】
19:00 白取春彦×聖幸 トークライブ
『超訳ニーチェの言葉II』にまつわるお話しや、地方で執筆活動を続けることなどについてバーボンを傾けながらお話しいただきます。

20:00 質疑応答
20:30 白取春彦サイン会
21:00 おひらき

■白取春彦プロフィール
青森市生まれ。ベルリン自由大学で哲学・宗教・文学を学ぶ。
哲学と宗教に関する解説書の明快さには定評がある。主な著書に
『超訳ニーチェの言葉』 『ニーチェ「超」入門』 『頭がよくなる思考術』
『生きるための哲学』(以上、ディスカヴァー)『仏教「超」入門』
(PHP文庫)ほか多数がある。


■聖幸プロフィール
2003年11月より、ビジネス書・自己啓発書の書評ブログ「俺と100冊の成功本」を運営。無名時代の経済評論家・勝間和代さんの著作を紹介しベストセラーに導くなど、人気サイトに成長させた。2009年にはビジネス経済雑誌プレジデントで「みんな選ぶ書評ブログNo1」に選ばれた。

--------------------


4799311964
 
超訳ニーチェの言葉II
白取 春彦 (著, 翻訳) 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン

110万部突破『超訳 ニーチェの言葉』の発売から約3年。
待望の第2弾をお届けする。

ニヒリズムや反宗教といった独自の思想により、
20世紀の哲学に多大なる影響を与えたニーチェ。
「神は死んだ」という主張やナチズムとの関わりを噂されるなど、
さまざまな伝説に彩られた孤高の哲人だが、
実は彼は、ほとばしる生気、不屈の魂、高みを目指す意志に基づいた、
明るく力強い言葉を多数残している。
心ゆくまで、あなたの知らなかったニーチェの世界を堪能していただきたい。

〈本書の一部〉
「きみはまだまだ遠くへ行けるのだ。きみの理想を超え、
それ以上の憧れの地よりもさらに遠くへ達する力をきみは秘めている」

「強いのは、常に仕事に打ち込んでいる人だ。
彼はどんなことが起きてもたじろがない。
慌てない。ぶれない。うろたえない。不安にならない。心配しない」

「人生のことを考えてもよいが、それは休暇のときにすることだ」


みんなの経済新聞といえば、各地域の街ネタを独自の視点でニュースにしていて楽しみにしている皆さんも多いと思います。

その、74番目の仲間として「八戸経済新聞」が2012年8月1日にオープンしました。

hachukei
八戸経済新聞 - 広域八戸圏のビジネス&カルチャーニュース


僕と八戸のクリエイティブユニットTripod Studioの
tripod
青森県八戸市のホームページ制作・Webデザイン・DTP・動画配信なら「トライポッド スタジオ(Tripod studio)」

小坂光輝さん、齋藤亨さん、沼畑武行の4人のメンバーの「有限責任事業組合グロカル」で運営します。

 詩人高村光太郎は「岩手の人沈深牛の如し」と言い、石川啄木は「働けど働けどなお我が暮らし楽にならざりじっと手を見る」、宮沢賢治は「雨ニモマケズ風ニモマケズ」と言いました。

 同じ、南部圏の八戸もそのような気質が色濃くあり、「自分のことを言うのははしたないこと」という風潮があります。

 会議をやると「しゃべったら負けだ」、セミナーをやると「講師と目を合わせたら負けだ」「質疑応答で手を上げたら負けだ。人生の脱落者だ」。そんな雰囲気の地域です。

 しかし、せっかくいいことをやっているのに、伝わらないのはもったいないことです。日々過ごす中で何度もそんな思いを感じます。

 そんなシャイな地域の情報を広めることができるといいなと思っています


 八戸経済新聞は八戸にトラフィックの雨を降らせる「レインメーカー」を目指しています。

 広域八戸圏の旬なニュースをお届けしますので、皆様応援よろしくお願いします。


 八戸経済新聞 編集長 尾刀幸雄(聖幸)

 このたび、八戸市在住の玉樹真一郎先生の処女作となる『コンセプトのつくりかた』が発刊となります。発刊を記念して下記のとおり講演会・パーティーを行いますので、ふるってご参加をお願いします。

7/7〜8の1泊2日で岩手県の葛巻町にあるくずまき高原牧場の「森のしょうがっこう」に家族で行ってきました。

20120707_100029

 昨年9月に、八戸にLifehacking.jpの堀正岳さんをお招きして『小さな習慣を大きな成功へと導く、成果を出し続ける人の知的アウトプット術』というセミナーを行いました。

 そのときの堀さんのお話の中で随所に出てきたのが、Chris Guillebeauさん、彼が主宰するWDS、彼の著書「The Art of Non-conforimity」です。

 クリス・ギレボーは世界中を旅行し、さまざまな場所でボランティア活動をしながら、ネットビジネスで生計を立てています。また、同じ志を持つ人への情報の提供やコミュニティづくりも熱心です。

 ネットでも一時期話題になったので、クリスギレボーは知らなくても「とびきり平凡に生きるための11の方法」は知っている人も多いかもしれませんね。

■とびきり平凡に生きるための11の方法
1,他人の言葉をそのまま聞き入れる
2,権威に疑いを持たない
3,何かを学びたいからではなく、「行くのが当然だから」という理由で大学に行く
4,一生に1度か2度だけ海外へ行く−近くて安全で無難な国へ
5,外国語を学ぼうとしない
6,起業したいと思っているが実際にはなにもしない
7,本を書きたいと思っているが、実際には何も書かない
8,住宅ローンをめいっぱい組んで、30年かけて払っていく
9,週に40時間机に向かうが、生産的な仕事は平均10時間ほどしかない
10、目立つこと、人の注目を集めることをしない
11,どんな命令にも素直に従い、誰にでもできる仕事をする

八戸市周辺のネットPR・広報・情報発信担当者を対象として、下記のセミナーを開催しますのでご案内します。


平成24年6月16日(土)に、facebookのコミュニティの「八戸工場撮影ファンクラブ」の有志で、『八戸観光遊覧船から見る工場夜景撮影ツアー』に行ってきました。

参加者は約30名。女子率は4割。

20120616_190508

大山顕 談


ということで、八戸の工場鑑賞ネタを3つほど。

青森県ローカルの話題で恐縮ですが、工場撮影マニア必見の番組が、3月24日に放送されます。

kojo



2012年3月24日(土) 16:55~17:25
青森朝日放送(ABA)で放送

平成23年度 広報特別番組 「八戸 魅惑の工場萌えツアー」 - 八戸市
八戸市のHPより引用


八戸市は「海から拓け、海とともに発展してきた」という言葉のように、臨海部は日本有数の漁港を抱えるとともに、北東北随一の工場地帯を有し、ここには、鉄鋼、非鉄金属、紙・パルプ、エネルギー関連等を中心とした工場が立地しています。この工場地帯を「工場を観賞する」という視点で巡ります。

また、八戸市で進める「フィールドミュージアム八戸構想」の中の8つのミュージアムのひとつ、「産業ミュージアム」に関する事業として、24年度以降に予定されている「工場アート」とは一体どのようなものになるのか。その概要を紹介します。

レポーターは青森朝日放送で最も工場が似合わない落合由佳アナウンサー。はたして工場観賞ビギナーの落合アナは「工場萌え」を理解できるのか?

撮影協力:住金鉱業(株)、東北グレーンターミナル(株)、東北電力(株)八戸火力発電所、八戸臨海鉄道(株)

番組の放送終了後に、番組内で紹介した場所などを特設ホームページで紹介します。


僕も、工場の撮影スポットの案内役で登場する予定ですので、見ることができる地域の方は良かったら見てくださいね♪


●参考 ブログ内工場撮影関連記事

カネイリビジネスフェア2011限定スペシャルセミナーご来場ありがとうございました。:[俺100]
10月19日(水)『「なんとなく好き」な人たちをネットでつなげて地域活性化~工場萌え仕掛け人による地元景観資源の活用~』セミナーが青森県八戸市で開催されます:[俺100]
八戸市美術館 館外講座「工場見学」撮影会:[俺100]
「魅力的な八戸の港湾夜景をまた撮影に行きたい!」ご参加ありがとうございました。:[俺100]
八戸Twitter写真部工場部会『八戸湾内から工場夜景の写真を撮るツアー』ありがとうございました。:[俺100]
6/18 19:00~ 八戸湾内から工場夜景の写真を撮るツアー 八戸Twitter写真部工場部会 - 俺と100冊の成功本